どこにフォーカスするかでNLPコーチングの質が変わります。


例えば、NLPコーチングをする際に、売りげにフォーカスしているか、
人にフォーカスしているかで結果が変わります。


なぜかというと、フォーカスによて思考・感情・反応・行動が変わるからです。


売上を生む、高めるという目的でNLPコーチングを見ていくと、
その為にどうしたらいいかというアイデア・発想が、売上を海ための
アイデアになりがちです。


大切なことですが、それだけではクライアントを悦ばす、
という視点が欠けることや、少なくなることがあります。


しかし、クライアントを喜ばせる目的でアイデアを考えていくと、
クライアントが喜ぶアイデアだけでなく、そのために必要な
思考や行動を身につけることができます。


そして、喜ばせながら関係性を築いたクライアントは、
「あなたからNLPコーチングを受けたい」と思ってくれるようになります。
それが、絆や関係性です。


しかし、人にフォーカスしていないとしたら、
絆や関係性を築くという発想が生まれにくいかもしれません。


ですので、常に人の心や行動に目を向けて、
考えながら行動することが重要です。


クライアントの行動が売上という結果を生み出すこと考えると、
クライアント自身の心や行動にフォーカスすることは、とても大切なです。


これらをNLPコーチングに活かすとしたら、
クライアントの喜びのために、クライアントの行動や思考にフォーカスすることで、
クライアントにとって最適な時間ことを作り出すことができるようになります。




ビジネス上でNLPコーチングを使う場合、
何をテーマにしてNLPコーチングをするのかで、
クライアント・部下・仲間への質問内容や、
話の流れ・内容が変わります。


しかし、テーマはそれぞれでも、
あることに関しては共通して重要なことがあります。
それは「間」です。


例えば、NLPコーチングに関係なく、
誰かとの会話の中で「あなたが何か質問をされた時」
すぐに答えが出ない時ってありませんか?


そんな時、頭や心の中を整理しながら、
気づいていない点に考えを巡らすと思います。
その時に、「はっ」とした気づきが生まれ経験はありませんか?


実は、相手の質問が適切であるほど、
「はっ」とする気付きが生まれます。


この時に実は大切なことは、適切な質問と「間」なんです。
心地よく、待ってくれていると安心して考えることができます。
しかし、安心感がないと考えることが苦痛になります。


これは、NLPコーチングでも言えます。
相手の可能性を引き出す、気づいてもらう時、
待つことが重要です。


では、どうしたら良いのかということですが、
ここにNLPで学ぶことができる傾聴が役立ちます。
傾聴を学んでいくことで、「間」を大切にできるようになります。


なぜかといえば、傾聴をしている時は、相手の話に耳を傾けていますので、
自然に人間には間が必要な時があることを経験できます。
つまり、待つことが重要になります。


これは実践していく中で確実にできるようになります。
それが、NLPコーチングにも役立ち、日常にも役立ちます。




もしも、結果を出すためにNLPコーチングを使うのであれば、
優れた質問を通して、様々な効果や成果に答え・発想・アイデア
を生み出していくことができます。


そして、NLPコーチングで学ぶことのできる質問が幾つかありますが、
今回は、その中からある質問をご紹介していきます。

その質問とは、「あなたの成果を止めているものは何ですか?」です。

この質問を行うことで、脳はこの質問に答えようと考え出します。
そして、ある視点で物事を考えます。


その視点とは何だと思いますか?

実はこうなのです。
あなたが気づいていないうちに。あなたの望んでいる成果を

・止めているもの
・邪魔しているもの
・マイナスにしているもの

です。

実はあなたが気づいていないだけで、NLPコーチングで
「あなたの成果を止めているものは何ですか?」という質問を
していくことで、見出すことのできるものがたくさんあります。

例えば、次のようなものをNLPコーチングで見出す方は多いです。


・心の中の葛藤
・親子関係や人間関係での迷いや悩み
・自信の無さ
・スキルや能力
・セルフイメージが低い
・ビリーフがマイナスになっている
 あるいは、制限をかけている
・マイナスの感情や思考が邪魔をしている・制限をかけている

などです。
しかし、今のあなたにとってマイナスになっているものを明確にして、
それを解消していくことで、成果を止めていいたブレーキが外れますので、
成果が出てくることが多々あります。

ですので、まずは一度真剣に、リラックスした状態で、
向きあっていただきたい質問です。




NLPを使って、いろいろな角度から考える


NLPのスキルの中には、質問を使ったものがあります。
それは、コーチングとして自分や他者にも使うことができます。


例えば、「アズ・イフフレーム」です。
NLPのスキルとしては、アズ・イフフレームと言いますが、
実は、誰もが無意識に使っている質問のスキルです。



例えば、仕事の懐疑や友だちとの雑談の中などで、
次のような言葉を使ったことはありませんか?


・もし仮に
・例えば、
・仮に、
・もしもの話だけど


などです、



この言葉の使い方を、NLPではアズ・イフフレームと言います。


「もしも、◯◯なら~?」




例えば、明日あなたが、大切な彼女や奥さん、家族とデートや
お出かけをする予定だとします。しかし、天気予報では、
雨の可能性が少しあるとします。


そんな時に、次のように話したりしませんか。
「もしも、明日雨ならどうする?」


そこで雨ならどうしようかと考えるますよね。




これは、日常生活での例で、誰もが当たりまえにやっていますが、
もしも、会社の売上をあげるために考えるのであれば、
もしも、という言葉を頭につけることで、あなたにとって
想定外の状況をイメージして、物事を考えることができます。




NLPのアズ・イフフレームとは、それを意識的に使えるように、
一つの質問の方にしています。


意識的に使えるかどうかで、売上や目標達成に対する
発想や行動が変わりますので、是非、ご活用下さい。



もしも、◯◯なら~?の
◯◯の中に、あなたが想定していない状況や、
考えるだけで心理的にストレスだったことを入れます。


そうすることで、あなたにとって価値ある角度から、
物事を見て、捉えて、考えることができます。




人生の課題を明確にしていますか?


もしも、今の現状に満足していない、満足していないわけでは
ないけれど、より良くなりたいとお考えでしたら、今回のお話が
お役に立てるかもしれません。


では、具体的な話に入りたいと思います。


例えば、あなたの望んでいるゴールが有るとします。
そして、ゴールと現樹音の間にはギャップがあります。


では、そのギャップを埋めるために、何が必要でしょうか?
いろいろあるかと思いますが、それに優先順位を
つけることで、本当に向きあうべき課題が明確になります。


NLPコーチングでは、望んでいる状態に対して、
必要なアクションを起こせるようにしていきますが、
大切なのは、何に向かっているかです。


多くの場合は、向き合いたくないことには向きあっていません。
しかし、向き合いたくないものほど向き合う必要があります。
そこには、隠された人生の課題(テーマ)が存在しています。


そこを明確にした上で、NLPコーチングを使って、
今からできるはじめの一歩を見出すことが出来ます。


ただし、最も大切なのは、課題を見出していく過程で、
見たくないものにも目を向けることです。当たり障りのない
課題をいくら引っ張ってきても、前には進めないからです。


話をまとめます。

・どんな人生を生きたいのか?を明確にして、
・見たくない課題に目を向けながら
・必要な課題を明確にしていき、
・優先順位をつけて、
・NLPコーチングのはじめの一歩の質問で行動を決めて、
・課題をクリアしていく


見たくない課題を明確にしたら、NLPのはじめの一歩の質問が、
とても大切な質問になります。一つの方法として、是非お使い下さい。




もしも、売上を上げるための課題を明確に
できたとしたらいかがでしょうか?


課題が漠然としてしまっている方にとっては、価値のある提案になります。
なぜならば、曖昧な場合は、具体的で効果的なアクションを探りながら
動かなければいけません。ですから、課題が明確な方が動きやすいものです。


とはいっても、迷いもがいている時期は必要ですが。


しかし、精神的にも、肉体的にも、黄道する時にも、
課題が明確な方がいいことは確かです。


NLPコーチングでは、それが可能です。


現実的にはコーチと受ける側のやり取りの流れというものがありますが、
NLPコーチングには、基本的な流れもあります。全体の中の一つです。


一般的には、望ましい状態を確認した上で、
その為に必要なリソースや現在の課題を明確にします。
そして、課題の中には、心理的、または物理的に、
障害となっているものを明確にします。


そうすることで、2つのメリットがあります。

1、漠然とした不安を解消できる

 漠然としている時は、不安を感じやすいものですが、
 課題が明確になることで、不安が解消されること。
 軽減されることは多々あります。


2、具体的なアクションが明確になる

 アクションを起こせるということは、可能せがあるということです。
 可能性を見出した時に、それが大きくても、小さくても人は、前向きになります。


 そして、行動を起こすことで、現実が動きます。


このように、明確にすることには意味があります。
NLPコーチングでは、それを行なっていきます。


そして、NLPコーチングをされることで、一人では目を向けにくいことに
目をむけることができますので、とてもありがたいものです。





NLPコーチングをしながら、クライアントのテーマに気づいていますか?


NLPコーチングだけでなく、コーチングなどで、
クライアントや会社の同僚、部下と話をしている時、
どれくらい相手の抱えているテーマに触れることができているでしょうか?


もし仮に、NLPコーチングをしていくなら、
今回の話は、重要なお話になります。


図でに心がけているかもしれませんし、
はじめて、認識する内容かもしれません。


まずは、結論ですが、
「クライアントは、何が最大のテーマか気づいていない」
事のほうが圧倒的に多いです。


例えば、仕事で悩んでいるとします。
回り方見れば、その人が仕事でミスをしてしまうのは、
能力がないからだと見えたり、感じるかもしれません。


そのように噂されているかもしれません、
ところで、それは本当の話なのでしょうか?


NLPには肯定的意図という考え方もありますし、
ビリーフやセルフイメージという言葉もあります。


問題を焦点化する際に、コーチの人間が、
クライアントが抱えている本当のテーマを気づけない場合、
ズレたコーチングが始まります。


先ほどの方であれば、自分の能力の無さが
原因と思っているかもしれません。


本当にそうなのでしょうか?


NLPコーチングをやっていく中で、
クライアントの結果を止めている原因についてお話していく際に
いろいろなヒントが出てきます。


この時に、抱えている隠されたテーマに気づくことで、
本当の意味で、クライアントは変容することができます。


お伝えしたいことは、過去や内面から来ているテーマも存在している。
ということです。親との関係が良くなったことで、仕事でも成果を上げた例もありますし、
家族の人間関係が満たされるい事で、人間的な穏やかさを取り戻すことも少なくありません。


クライアントの抱えている本当のテーマに触れる。
そんな視点も持ってみると良いかもしれません。





NLPコーチングをしていくと、あることに気づきます。


それは行動できない理由です。
一緒に考えてみたいのですが、行動できない理由は、
なんだと思いますか?


行動できない理由としまして、一番にあげられるのは、
行動したときに、上手くいかない結果への恐れです。


恐れがあると、中々行動には移せなくなります。


この時に大切なことは、
うまくいかない結果への意味づけです。


もしも、行動したときに出てくる結果が好ましくない時、
そのうまくいかない結果を失敗と考えているとしたら?
または、取り返しの聞かないものと考えているとしたら?


NLPで学ぶリフレーミングで意味付けを変えてみたいところです。


そして、この時にリフレーミングする事のできる
一つの要素として、NLPの前提があります。


NLPの前提「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」
は特に使える内容かと思います。


このNLPの前提の教えてくれるものは、
失敗の中には、大きな学びと成果の種がたくさんあるということです。


その時に、次の質問をすることで、
より良く、学びと結果の種に気づきやすくなります。


それは、
「この出来事から学べることは何だろうか?」
「この出来事から学べることは何だろうか?」


など、上手くいかなかった結果から、学べること、気づけること、
改善すべきことなど、いろいろな視点で質問を作ることも出来ます。


つまり、この時に大切なのは質問です。
結果的に、上手くいかなかった結果とは、確かにショックだけれども、
財産になるということが分かってくるのです。


NLPを福岡で学んだ女性はそこに気づいてから、
徐々に行動することへの恐れを手放すことが、
できるようになってきたそうです。





NLP資格のセミナーで学んで行くと、目標設定としての
アウトカムの設定方法のワークを学ぶというお話をしました。


この中には、エコロジーチェックという項目があります。


シンプルにお伝えしますと、望んでいるゴールを手に入れたときに、
どのような影響が自分にあるのかを明確にします。


例えば、今と違う現実が目の前に来たときに、
環境の変化や時間の経過、感情的なストレスが、
周りや自分に起きてくることはたくさんあります。


NLP資格のセミナーで学ぶエコロジーチェックは、
予めその除隊を予測できるものはしていきます。


その上で、何をするのかと言いますと、ゴールに向かうのか、
向かわないのか、ゴールに対する計画やゴールそのもの、時期
などを修正したり、覚悟を決めるために行ないます。


つまり、NLPのエコロジーチェックをした上で、
選択をしていきます。


この時に、もう一つ明確にすることで、
NLPのエコロジーチェックをさらに意味のある者にできること。
それは、メリットとデメリットを明確にします。


現状のままでいるメリットとデメリット、
望んでいるゴールを手に入れるメリットとデメリット。



このメリット、デメリットも明確にすることで、
NLPのエコロジーチェックで出た内容をさらに明確にして、
深めて選択しやすくすることができます。



もしかしたら、先に人文の中にある感情的な葛藤を
解消する必要がありかもしれませんし、そのまま前に進むことが
ベストだと心から思うこともあります。


一度、今あるみんさんのアウトカムに対して、
NLPのエコロジーチェックをして見ることも、
とても有意義なことかもしれません。


大切な人への、NLPコーチングでも使えます。





目標設定をどのように行なっていますか?


前回ご紹介したNLPプラクティショナーで
学ぶ8フレームアウトカムでもいいですし、
別のやり方でもいいですし、いいとこ取りで
自分なりに目標設定する形でもいいと思います。


今回は、8フレームアウトカムなどの
目標設定の方法に対して補足させて頂きます。


具体的には利他性を入れる。
ということです。


この話はNLPを大坂や東京で教えている方が、
勉強会の時にお話ししてくださった内容です。


通常の目標設定の際は、自分が中心で
自分の為に描いている部分が多いです。


もちろん、NLPの8フレームアウトカムを設定する際の
最終的な目的は、自分以外も入っているわけですが、
目標設定そのものの行ない方には、利他性は入って
いないことが殆どです。


では、NLPトレーナーさんがお話ししてくれた
利他性をどのように設定していくのか?


NLPを大阪や東京で教えているトレーナーさんは、
チェイン・プロセスに取り入れた形で教えて下さいました。


自分が描くゴールやプロセスの中に、
自分が大切にしたい人や身の回りの人の
物語も同時に設定していくと。


つまり、NLPの8フレームアウトカムで、
「1年後に◯◯を手にしている」と設定したとします。


その◯◯を手にしたときに、自分の未来だけでなく、
周りの人達の状態も入れていくそうです。


これは利他性を伴い、実現力や引き寄せ力、
モチベーションを高めてくれるそうです。


一度やって見るだけで。違いが分かり
多くの方にとっては非常に楽しい体験になるはずです。


そして、意味のある体験にすることも出来ます。
コーチングでも使える方法です。